久々に床暖房のフロア張り替えを行う事になりました。
事前に、動作確認を終え、問題なかったので
あとはフロアを剥がしたときに、問題がなければいいなぁっと
淡い希望を抱きながら、解体にのぞみました。

半分剥がし終えたところで、問題なし。ただ、一度部分的に
張り替えた個所があり、そこに床材にノリをうっているので
剥がすのに気お付けながらの作業になりました。

一服終え、さぁ残りの半分を剥がしにかかって数枚目、
「あっ、止水栓締めて…早く」

私が確認した時には、噴水でも設置しているかのように
気持ちいくらい水が吹きあがっていました。

原因は、床の部分張替えを行った際に、タッカーの針で
チューブを打ち抜いたのが原因でした。

床の裏も黒ずんでおり、だいぶ前から少しづつ漏れていたのでしょう。

IMG_4124_k

IMG_4116_k